食事療法でクレアチニン値は下げられる

2018年1月20日
投稿先 ダイアリー

浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分のみでなく水分の調整ももとめられます。この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品中にふくまれる全ての水分が該当します。浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合塩分制限だけになります。制限時の水分量についてはあくまでも現段階での病状や尿量をもとに医師が決定します。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自分勝手な制限はしてはいけません。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、個々の食品や調理を行なう際の水量・形状・処理時間次第で変動します。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。腎臓病の食事療法が上手にいくと、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。老廃物が排出される事で尿毒症にならず、腎臓病の悪化を極力抑える事ができるのです。かなりの精度で効力が発揮されれば、腎臓病が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせられたりするのです。食事療法の難しさはけっして制限の内容ではありません。食事療法については、患者が自ら自発的に取り組める最善の手法になります。食事によって獲得し立たんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、いくらかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓に流れて分離された末、無駄な老廃物は尿を出す際に伴に排出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓にもたらす負担が増加します。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、不足しないように補給する必要があります。腎臓病の食事療法の目的は、腎臓病の悪化を食い止める事と、体調を良好に保つことにあります。透析の要らない保存期のうちは、食事療法を手掛ける事で腎不全の進行ペースを抑えられ、透析導入を遅らせることが出来ます。この他、透析を要する状況となっても、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は必須なのです。腎臓病の人のためにたんぱく質の控えめな調整食が存在します。食事管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓の機能が落ちていく程、今よりも力を入れて食事を調整する必要が出てきます。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限ももとめられます。自分で勝手に食事内容を決めずに、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしてください。肉・魚・卵・豆腐についてはなかなかのたんぱく質がふくまれていますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしてください。甘い味付けの食べ物には思ったよりたんぱく質が多くふくまれています。おやつの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーがほしいからと言って一気に食べると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個相当のたんぱく質がふくまれます。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓内で分解された末尿と合わせて体外へ除去される成分です。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。ですので、高めの数値が出るのは大抵男性だったりします。筋肉量が落ちてくると、当然クレアチニンの数値も下がります。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニンの量が高まるため、本来の値よりクレアチニン量が低下します。もっと詳しく>>>>>クレアチニン 下げる 食事