介護食は宅配のやわらか食で誤嚥性肺炎を回避

歳をとることでだんだんと顔まわりの筋力が落ちてきたり歯が丈夫でなくなったりすると、飲み込んだり噛むことも満足にできなくなっていきます。今まで何の問題もなく食べていたものを食べることが難しくなり、よく飲み込んだときにむせてしまい、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまう恐れもあります。他には、ほとんどのお年寄りは食べることに対する興味が若い頃に比べてなくなるため、やわらかい食材など食べられる物が限られたり、一度に沢山の量を食べられなくなり健康的とはいえない状態になってしまっていることがあります。最近、高齢者ではフレイル(虚弱)という概念が注目されています。フレイル、それは以前に比べて体重が落ちた、疲れやすくなった、思うように歩けないといった様子がみられ、何も手を打たないままだと要介護の状態になる可能性が高い状態をいいます。このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の障害により歩行や日常の生活を送る上で大変な問題を起こす「ロコモティブシンドローム」、最悪の場合起き上がることさえ困難な状態につながることが知られています。この「負の連鎖」の原因となるのが低栄養なのです。食べることが苦痛に感じられるようになってしまうと、どうしても簡単なメニューですませてしまいがちに。そうした場合は、手間のかからない食べ物を加えるなど、たとえ少ししか食べられないとしてもバランスのよい食事を心がけましょう。食事をしたい気分ではないけれど食べなければならないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?おかゆを作る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、1杯のエネルギーはごはんの半分以下。もしもおかゆを食べるのであれば、他にもいくつか栄養のある食材を食べることで、足りないエネルギーと栄養を補っていきましょう。口にしやすい介護食を作るため、そして身の回りの世話をする方の食事の用意の負担をできるだけ少なくするためにも、それを作るための器具はとても役に立ちます。介護食にみられる大事な点は、やわらかさ、噛みやすく、そして飲み込みやすいなめらかな状態です。フードプロセッサーは少量の水で食材を細かく刻んだり、ペーストなどのなめらかな形状にまで対応しているため調理するのが楽になります。その他にもマッシャーやすり鉢を使って食べにくいものを調理することも可能です。さらになめらかさが必要な場合には、裏ごし器を使うと粒粒感がなくなります。高齢者のための施設での食事は栄養士が必要な栄養素を考慮したメニューを作り、それの通りに調理された料理を提供していますが、特に食べるのが困難な方に対しては、その方にあった調理方法で調理することが大切です。場所によっては、もとからなめらかになっている食事ではなく、「ソフト食」という見た目は食べ物そのままですが舌を使って簡単に押しつぶすことができるものがあり、思うように噛んだり飲んだりすることが困難な方でも、食事を味わえる調理方法を教えてくれる老人ホームもあります。年齢とともに、また病気や怪我などによって固いものが食べづらい、水気のあるものが飲み込みにくいといった問題が出てきます。介護用の食品には食事に対するどんな悩みでも解消できるように、食べやすさに配慮した商品や、足りない栄養素を十分に補える商品などが用意されています。介護をする方にとって、安心して食べられる食事を用意することは簡単なことではありません。介護用食品で、毎日にゆとりが生まれたり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。介護を受ける方も、介護をする方も、どちらにとっても嬉しい介護食品を使わない手はないでしょう。食べる側の食欲の有無は、介護食の見た目に関係します。食事のし易さに重きを置きすぎて、食事本来の楽しみである見た目や味に魅力が感じられないと、食に対する意欲が薄れてしまいます。口の中でまとまりやすいか、飲み込むときに無理はないかなどに注意深く気を使っています。年齢とともに唾液も作られにくくなるため、口に食べ物を含んだときに、口内の水気を取ってしまうよう食べ物は食べにくいです。そうは言ってもむせ込みの原因として水分の多さも挙げられるので、食べやすい食材を使用し、食べやすい形状に加工します。体力と抵抗力を保つためにエネルギーを、元気に動ける骨格筋を保つために質のよいタンパク質の多く含まれているものを積極的に摂るようにしましょう。卵や豆腐は消化のよい良質なたんぱく質なので、もし肉や魚を食べることが難しい方は、たんぱく質を摂るために、卵や豆腐を食べることをおすすめします。たんぱく質を摂るためによく知られている肉や魚には、卵や豆腐とはまた違うアミノ酸やビタミン・ミネラルなどが含まれており、多くの食材を毎日取っている人はそうでない人と比べて歳を取っても活発に活動ができ、長生きであるという調査報告もあります。食べる力は加齢や病気によって衰えます。介護食は食べる機能が低下した方に提供する食事ですが、人それぞれ機能の程度は異なります。安心してごはんが食べられるような手掛かりとして介護食のレベルがあります。嚥下食ピラミッドはすべての食事を摂食・嚥下の難易度にあわせて、普通食から嚥下食までの6段階にレベル分けし、どの段階の方でも美味しく食事ができるように、食物のやわらかさなどを統一することで、外に出ることが困難な方でもご家庭で安全な食事を用意するために、とてもわかりやすく使いやすい指標です。病院食に見られる特徴は、料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、見た目も味も美味しいと感じられないものでした。入院中の高齢者の方の食事があまり芳しくなかったのは噛めないからではなく、見た目や味の問題がほとんどなので、自宅で作る際には料理を丸ごとミキサーにかけるような食事は出さないと決めました。入院先で摂食嚥下障害専門の看護師さんに退院した後の食事について伺ったら、どんなものでも柔らかくすれば食べられると教えてもらいました。介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がなくなると気づきました。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>介護食 宅配 やわらか