FX投資用アプリを使ってFX投資をスタートすることでキャッシュバックなどのメリットを享受できる

2017年11月14日
投稿先 ダイアリー

FX投資をスマホやタブレット端末で行う人が相当多くなってきて、業者によるFX用アプリの提供も同じ様に増えてきています。それらの内いくつかの業者は、自社の提供するFX投資用アプリを使ってFX投資をスタートすることで、キャッシュバックなどのメリットを享受できる期間限定キャンペーンを行っていることがあります。ネットの口コミを見聞したり実際の使用感を試してみたりしてあれこれ存分に比べ、自分なりに使いやすいアプリを見つけ出すのが良いですね。FX投資で大きな利益をあげた主婦も存在しますが、主婦の中には、逆に大損により家庭崩壊した人も少なくありません。FX投資においては、レバレッジが使用できるので、利益が大きく出る反面、損害も大きく出てしまうのです。誰にも言わずに、隠れてFX投資をしたり、なくしてしまっては困るお金までつぎ込まないように気を付けてください。低めのレバレッジにして、良く考えながら、投資するのが賢明です。数十社ほどもあるFX業者のその大方はFX取引をバーチャル体験できるデモトレードを備えていますので、これは必ず使用してみることです。デモトレードは実際の取引と同様に行えますが、あくまでもデモなのでミスしてもまったく損をするわけではないですし、その業者の取引ツール自体の操作に慣れることができます。性急に手持ち金を注ぎ込んで本物のFX投資を始めてしまうのは大変無謀ですから、FX取引がどういうものかを感覚的に理解できるようになるまでデモトレードでのバーチャル取引で基本のテクニックを磨きましょう。株式投資とは違い24時間いつでも取引を行えるのはFX投資の数多いメリットの一つですが、それでも特によく相場が動く時間帯はあります。巨大市場であるニューヨークとロンドンが開いている時間帯のことで、大まかですが日本時間にして21時~午前2時頃は為替相場が活発に動いており、取引がやりやすくなるようです。これとはまた別に相場が動く要因ですが、アメリカの雇用統計、各国GDP、政策金利など経済指標の発表の影響で大きな為替相場の変動があったりするので、注目しておかなければいけません。いくつかの経済指標発表の日程については押さえておきましょう。FX業者は数え切れないほど世に出ていますから、そのうちのどの業者で口座を開くのかを用心深く考察してください。FXのための口座を開くのは言うほど苦労のいるものではありませんが、多くの業者で口座を作ると維持する手間がかかります。新しく口座を作るとキャッシュバックというようなキャンペーンに飛びつかないで、利用者本人にぴったりのFX業者をセレクトしましょう。株式投資や不動産投資などどんな投資でも同じなのですがFX投資においても、損切りは大事な手法です。トレーダーとして投資を続けていて、損をすることが全くない、などということはある訳がないのです。損が出てしまうのは仕方がないとして、それをどれくらいに抑えられるかというのは先々、FX投資で利益を出し続けていけるのかという部分で相当重大な問題となってくるといっていいでしょう。損を被った時にそこから傷を広げないよう、損切りをどこでするのか自分でルールを作っておき、絶対にそれを曲げたりせず徹底して守ってください。FX投資を自分の勘だけで進めてもそうそう利益はあげられないでしょうから、地道にチャート分析能力をあげるなどスキルアップは必要です。使いやすくて見やすいチャートソフト、また近頃ではチャートアプリもたくさんありますし、自分に合ったものを見つけて、売買のよりよい機会をうまく判断することが大事です。その上で、チャートのパターン、分析方法などの有用なテクニックは数多くありますのでそれらも広く知っておくと必ず役に立ちます。どんな規模であっても、FX投資にあたって忘れないようにしてほしい事は、経済指標の発表日程は命運を分けるものですので、忘れずに確認したほうがよいでしょう。経済指標の発表が行われた途端、生き物のように相場が変動することがありますので、慌てずに対応できる心構えを持ちましょう。たくさんあるFXアプリの中には経済指標の発表前にあると嬉しいアラート機能搭載のものもありますし、FX業者によりアラートメールが送信されるところもあるので、一つの方法です。強制ロスカットというものがFXにはあります。たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、それが許容されている基準を超えてしまうと、FX業者による強制的な決済が行われるのです。一方的に決済されてしまうのは怖いと思ってしまいますが、強制ロスカットが行われる前にはそれを知らせるマージンコールが発生するので強制ロスカットを避けたいと思った場合は追加証拠金を入金することで業者による強制ロスカットを回避することができます。注意点としては、強制ロスカットの基準となる証拠金維持率というものはFX業者が違えば証拠金維持率も異なるので覚えておく必要があります。どの位の金額を最初に用意しておけばFX投資が始められるのかは、最低証拠金とか最低保証金と呼ばれるお金を業者に預けることになっていて、FX業者をどこにするか選択次第で用意したい金額は変わってきます。具体的な金額としては100円の業者があったり5万円だったりもします。もう一つ、最小取引単位の数字も業者により違い、1000通貨にしているところもありますし10000通貨になっているところもありますが、FXの経験がない、全くの初心者の場合は迷わず1000通貨単位にしておけばリスクを小さくできるかもしれません。